男性よりも女性の方が便秘になりやすい理由

Fromみどりかわたく
リビングより

女性に多い悩みの常に上位にいるのが、便秘です。
便秘はお腹の張りや不調の原因になるだけでなく、代謝の低下、肌荒れ、気分の落ち込みなど様々なデメリットを生み出します。
そして、男性よりも女性に便秘の悩みが多いのには、いくつかの理由が挙げられます。

【女性が便秘になりやすい理由】
1. 筋肉量が少ない
排便には、腸を収縮して排出物を移動させるぜん動運動という動きが大切です。
女性は男性よりも筋肉量が少ないことで、排便の際の便を押し出す力も弱くなり、便秘の原因になってしまう可能性があります。

2. 冷えやすい体
筋肉量の少ない女性は、体が冷えやすく体温が低くなりがちです。
体の冷えは腸の冷えにもつながります。
腸のぜん動運動は温かい方がスムーズで、冷えると鈍くなりやすくなってしまいます。
また、冷えにより腸全体のはたらきが低下し、便秘がちになることが考えられます。

3. 女性ホルモンの影響
生理前に増える女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で便秘になりやすいことも、女性が便秘の悩みを抱えやすい大きな一因となっています。
黄体ホルモンが分泌される期間には、受精卵のために大腸から水分が奪われて便が硬くなりやすかったり、子宮の筋肉の収縮を抑えることで腸のぜん動運動まで低下させてしまうことがあります。
そのため、黄体ホルモンの分泌が盛んになる排卵期から月経前までの期間は、女性はどうしても便秘になりやすくなります。

4. ダイエット
女性がよくするダイエットも、便秘になりやすい体質を自ら招いてしまっているかもしれません。
食事の量を極端に減らすダイエットは、摂取される食物繊維の量も減って便が排出されにくくなります。
また、脂分の控えすぎも便のすべりを悪くする可能性があります。
さらに、ダイエットを意識して生野菜やサラダばかりを食べて体を冷やしてしまうことが、腸のぜん動運動の妨げになってしまうこともあります。

5. 骨盤の広さ
女性は出産のために、男性に比べて骨盤が広いという身体的特徴があります。
骨盤が広いと骨盤内に大腸が下がりやすくなり、腸の形が不安定になることも便秘の原因として考えられます。

このように、女性が便秘になりやすいのには、いくつかの理由が考えられます。
女性は特に、便秘になりやすいという意識を持ちながら、腸内環境を整える腸活に力を入れ、便秘になりにくい生活を送ることが大切です。