湯船に浸かる時間がない人に…手軽な手浴&ひじ浴のすすめ

Fromみどりかわたく
リビングより

毎日の入浴にどれくらいの時間をかけるかは、人によって違います。
特に寒い季節は、ゆっくりと湯船に浸かって体を温めることで、滞りやすい血液の流れを促し、風邪に負けない体づくりに役立てることができます。

しかし、仕事が忙しい人、帰宅時間が毎日遅くて時間に追われている人は、お風呂の時間をゆっくりと確保できない人もいると思います。
忙しい人が優先すべきは、入浴タイムよりも睡眠時間です。
夜遅くに家に帰って来て眠いのであれば、無理して入浴せず、早めに布団に入ることを優先するべきでしょう。

シャワーだけで入浴を済ませることが、必ずしも体に悪い影響を与えるとは限りません。
湯船に浸かる時間がない時は、シャワーで少しでも体を温めるだけでも、血行が良くなります。
その際、心臓のあたりに1分ほど連続でシャワーをあててみてください。
効率良く温められた血液が全身を巡り、体がほぐれて、シャワーだけでも疲労回復効果が得られます。

また、浴槽を洗ってお湯をためるという作業は、特に一人暮らしの人にとってはハードルの高いことだったりしますよね。
そこでおすすめなのが、洗面器を使った手浴やひじ浴です。
洗面器に42度から43度の少し熱めのお湯を入れ、その中に手首から先をつけるのが手浴、ひじから下の腕の部分をつけるのがひじ浴です。
手浴は、冷えやすい手先を効率良く温め、入眠の際の深部体温を下がりやすくすることで、寝付きが良くなる効果や睡眠の質の向上が期待できます。
また、全身浴と比べて体への負担が少ないのもメリットの一つです。
ひじ浴では、肩まわりの緊張や疲れをほぐし、肩こりや首こりを緩和する効果が期待できます。
さらに、手は足よりも心臓に近いため、腕を温めることで、温まった血液が早く心臓に届き、効率良く全身を温める効果もあります。
お湯と一緒にお好みの香りのアロマオイルなどを入れると、リラックス効果もアップするのでおすすめです。
さらに、手浴やひじ浴をしながら、ハンドマッサージなどを行うのも良いでしょう。
足浴よりも簡単に、手軽にできる手浴&ひじ浴。
忙しい毎日にプラスして、ゆっくり湯船に浸かる時間がない人でも、体を内側から温める習慣を身に付けましょう。